経済

企業版ふるさと納税で奈良中信が王寺町へ寄付金

関連ワード:

目録を手にする高田理事長(左)と平井町長=王寺町役場

 奈良中央信用金庫(奈良県田原本町、高田知彦理事長)はこのほど、企業版ふるさと納税制度を活用し、王寺町に100万円を寄付した。寄付金は里山再生事業「OJICHO WOOD PROJECT」で活用される。

 

 同プロジェクトは、町内の里山「陽楽の森」の間伐や危険木の伐採で出た木を加工して製品化するほか、森に苗を植えるなどして地域で木を循環させ、森と町の共存を目指す。

 

 町役場で行われた贈呈式で、平井康之町長は「里山を大切な地域資源と位置づけ、人々が集う場所として活用したい。プロジェクトに賛同し、企業版ふるさと納税を頂いたことに感謝する」とあいさつ。高田理事長は「今後もさまざまな形で地域活性化のお手伝いができれば」と話した。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド