政治

荒井県政16年、柔軟発想で事業推進 着実な成果残す - 平城遷都1300年祭/県医療センターの移転など

関連ワード:

退任式で職員に最後の訓示を行う荒井知事=2日、県庁

 4期16年にわたって奈良県政のかじ取りを担ってきた荒井正吾知事が2日、任期を満了し退任した。独自色の強い政策やハード整備について、説明不足や費用対効果が問われる場面もあったが、確かなエビデンスと柔軟な発想に基づく事業を地道に推進。固い支持基盤に後押しされ、着実に成果を挙げてきた。改めて荒井県政16年の足跡を振り返ってみた。

この記事の残り文字数:859文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド