政治

山下氏が初当選 奈良県に“維新旋風” - 奈良県知事選

関連ワード:

県知事選で現職や自民党県連が推薦する新人を破り、支持者とともにガンバローコールをする山下さん(中央)=9日午後8時22分、奈良市三条大路1のJWマリオットホテル奈良

 第20回統一地方選挙の前半戦となる奈良県知事選挙と県議選挙(定数43)は9日に投開票され、知事選は日本維新の会の新人、山下真氏(54)が現新合わせて6候補による激戦を制し、初当選を果たした。大阪府外の知事選で維新公認候補の当選は初めて。保守や旧民主党勢力の支持が分裂する中、自民党県連の推薦を受けて出馬した無所属新人の平木省氏(48)は一歩届かず、5選を目指した無所属現職の荒井正吾氏(78)は3位に沈んだ。維新は県議選でも複数の選挙区で新人が当選するなど議席を大幅に伸ばした。県平均の投票率は知事選54.82%、県議選55.09%で、いずれも前回を上回った。当日有権者数は知事選で111万2680人。

この記事の残り文字数:447文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド