特集奈良の鹿ニュース

経済

沖縄黒砂糖の卸売りが起源、創業168年の老舗「砂糖傳増尾商店」 - 奈良の自慢企業(3)

関連ワード:

創業168年を数える砂糖傳増尾商店=奈良市元興寺町

 安政元年に現在の奈良市元興寺町に大和茶の店を開いて以来、今年で168年を数える老舗企業が砂糖傳増尾商店(代表=増尾朗ほか)。創業者の増尾傳次郎氏が元興寺町に大和茶の店を開店し、大和茶を木津から船に積んで大阪や堺に運んだ帰りの船に、当時貴重品であった沖縄の黒糖、阿波の白下や和三盆を積んで帰って奈良で販売するようになったことが始まりとされる。

この記事の残り文字数:525文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド