社会

奈良・東向商店街のミスタードーナツ閉店 50年の歴史、名残惜しむ列

関連ワード:

最終日、店の前には長蛇の列ができた=15日、奈良市東向中町の東向商店街

別の写真を見る

 奈良市の東向商店街にあるミスタードーナツ奈良東ショップ(東向中町)が15日、最後の日を迎えた。閉店を知り駆け付けた客が午前7時の開店前から約20人並び、昼前には50人を超す長蛇の列ができた。

 

 同店はこの日、50年間の愛顧に感謝し、創業時の価格で一部の商品を販売。店員が創業当初の制服で客の誘導やコーヒーのお代わりサービスを担った。

 

 最終日のこの日、思い出深い同店で、最後のひと時を過ごす客の姿があった。「小中学校の休みの日、友達と近鉄奈良駅に来て遊ぶ時は、カラオケとミスドがお決まりのコースだった」と奈良市在住の大津奈都美さん(34)。通学や通勤の途中によく立ち寄ったという河原直子さん(52)=京都府木津川市=は、「ここに来ると20代の一番楽しかった時を思い出す。残ってほしかった」と名残を惜しんだ。

「商店街・店舗」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ