スポーツ

バモス、とちぎ大会出場へ - 知的障がいサッカー奈良県代表

関連ワード:

 10月29日から栃木県で行われる第22回全国障害者スポーツ大会(いちご一会とちぎ大会)の知的障がいサッカー近畿地区予選が22日、京都府の山城総合運動公園で行われ、奈良県代表として出場したバモスは決勝で滋賀県代表を2―1で破り本大会出場を決めた。

 

 1回戦は1―0で大阪府代表を下し、準決勝は9―1で神戸市代表を破った。

 

 バモスは奈良県高等養護学校の卒業生のチーム。今回で2度目の出場。2019年の第19回全国障害者スポーツ大会いきいき茨城ゆめ大会に初出場したが、台風19号の接近で中止となっている。

 

 バモスはスペイン語で「頑張れ」。

「パラスポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ