政治

奈良市が市環境清美工場業務全般の民間委託検討

関連ワード:

焼却炉の運転管理業務の「民間委託」が検討される奈良市環境精美工場=同市左京5

 奈良市は10日、老朽化が進む市環境清美工場(同市左京5丁目)の継続した安定運営を目指し、焼却炉の運転管理を含む業務全般の「民間委託」を検討することを明らかにした。同日開かれた市議会市民環境委員会(横井雄一委員長)で、鍵田美智子氏(明日の奈良をつくる会)の質問に向井政彦副市長が答えた。市環境清美工場は昨年、煤煙(ばいえん)から基準値を超える有害物質のダイオキシン類を検出。炉の一時全面停止により市外施設でのごみ処理を余儀なくされるなど、安全管理の取り組みが問われている。

 

 市は煤煙の問題を受け、昨年の12月議会に環境清美工場の補修経費を計上するなど対策を取っているが、鍵田氏は「24時間稼働する工場の抜本的予算措置とは言えない」と指摘。向井副市長は「施設の定期点検やプラント業務委託もしたが、老朽化は深刻。突然発生する機器のトラブルなどもあり、対応は困難。運転管理について、今の体制でどこまで対応できるか、懸念している」と述べた。

この記事の残り文字数:685文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「自然保護・環境」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ