スポーツ

「まず1年目はケガをせずに」 - 天理高・達孝太投手

関連ワード:

(右から)竹森校長、達投手、荒井知事、笠井部長=22日、奈良市登大路町の奈良県庁

 2021年プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議で、北海道日本ハムファイターズに1位指名を受け、入団が決まった天理高校3年の達孝太投手が22日、荒井正吾知事を表敬訪問。同校の竹森博志校長、笠井要一硬式野球部部長が同行した。

 

 知事室に入室した身長194センチの達投手を「大きいね」と感嘆の声で迎えた荒井知事は、「大きな目標を定めて、上を目指してほしい」と激励。達投手は「まず1年目はケガをせずにシーズンを終えることを目標に、目の前のことを一つ一つ達成していきたい」と謙虚に答えた。

この記事の残り文字数:177文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「プロスポーツ」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録

奈良新聞読者プレゼント

上位入賞者による演奏会の招待券

プレゼント写真
提供元:あおによし音楽コンクール奈良
当選者数:3組6人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ