歴史文化

飛鳥京跡苑池で現地説明会

関連ワード:

飛鳥京跡苑池で見つかった水路などを見学する参加者=4日、明日香村岡

 北池と水路の接続構造などが分かった明日香村岡の飛鳥京跡苑池で4日、現地説明会が行われ、考古学ファンらが訪れた。

 

 飛鳥京跡苑池は石組みの護岸を施した7世紀の宮廷庭園跡で、日本書紀が天武天皇の訪問を伝える「白錦後苑(しらにしきのみその)」に当たるとされる。県立橿原考古学研究所が平成11年から調査を続け、今回の調査で終了した。

この記事の残り文字数:192文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「考古学」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ