社会

新様式で恒例行事 オンライン「かるた大会」 - 県立高で初 全校生徒が端末で対戦/大宇陀高

真剣な様子でオンラインの対戦に臨む生徒=宇陀市大宇陀迫間の県立大宇陀高校 拡大

 宇陀市大宇陀迫間の県立大宇陀高校(堀田優子校長)は、オンライン対戦による校内かるた大会を開いた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため40年以上続く百人一首かるた大会を中止したが、「楽しみにしている生徒の声に応えたい」と教員が企画した。

 同校の戸田翔太郎教諭(32)らが、県立教育研究所(田原本町)からタッチパネルで操作できるノートPC「クロームブック」やポケットWiーFiなどの機材を借り受けて計画。同校によると、オンライン対戦のかるた大会は県立高校として初めてという。

 大会は全校生徒91人が参加し、学年やクラスの代表を決める予選や決勝進出者2人を決めるトーナメントを実施。決勝戦の様子は、各教室に設置されたプロジェクターに生配信した。

 対戦には、各端末にインストールされたアプリ「競技かるたONLINE」を使用。オンライン上で1体1で対戦し、16枚を取り合う。上の句が音声で流れ、画面に表示された下の句の札をタッチ。札を取るまでの秒数を競う。

 多目的室を会場にした15勝トーナメントには、1~3年生9人が出場。イヤホンから流れる音声に耳を澄まし、画面上の札に目を凝らした。一押しの一首の発表もあった。

 いずれも同校3年の中村涼さん(18)は「一対一の対戦は燃える」、寺西恵夢さん(18)は「映画『ちはやふる』を見て、競技かるたには興味がある」と笑顔で話した。

 戸田教諭は「生徒が百人一首に親しむ機会として、いい雰囲気で開催できた」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

幼児向けの絵本(3冊1セット)

プレゼント写真
提供元:生命保険協会県協会
当選者数:30人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報