社会

健康と五穀豊穣祈る - 天理・大和神社で「お弓始め祭」

鎌倉時代の装束で矢を射る県弓道連盟会員=4日、天理市新泉町の大和神社 拡大

 天理市新泉町の大和神社(塩谷陸男宮司)で4日、弓矢を放って魔よけをし、一年の健康と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「お弓始め祭」が営まれた。小笠原流弓術にのっとった「百々手(ももて)式」では、鎌倉時代の装束をまとった県弓道連盟の10人が、男女5人ずつ一列に並び、次々に矢を射た。

 神事の後、邪気を払う鏑矢(かぶらや)が放たれて開始。塩谷宮司、氏子3人、地元の市立南中学校弓道部の部員8人の順に矢を放ち、同連盟会員が最後を締めくくった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報