経済

「待遇差ある」82% - 大規模で高い割合 300人以上は100%/正社員と非正規で県内企業

 奈良労働局が19日までに発表した同一労働同一賃金などに関するアンケート結果によると、正社員と非正規社員の間で「待遇差がある」と答えた県内企業の割合が82・4%となっていることが、分かった。従業員規模が大きくなるほど割合は高く、300人以上の企業では100%だった。

 県内に本社がある従業員5人以上を雇用する企業1429社を対象に、2月1~19日に実施。262社から回答があった。有効回答率は18・3%。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事