総合

銀波輝く歴史舞台 - 平城宮跡のススキ

夕日に照らされ輝くススキの穂=奈良市の平城宮跡 拡大

 奈良市の平城宮跡一帯で、ススキ属の植物オギの穂が銀色に輝いている。

 ススキはイネ科の多年草で、秋の七草の一つ。かやぶき屋根の材料にもなる植物で、かつては集落のそばに定期的に刈り取る茅場と呼ばれる草原があったという。

 平城宮跡では、各所にまとまって生える場所があり、東院庭園近くでも、朱雀門を背景に穂が銀色に輝くススキを見ることができる。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介