社会

平和願う象徴に課題 - 耐震化工事控え再設置場所未定/奈良市役所「平和の鐘」

長崎への原爆投下の日から73年。今年も「平和の鐘」がつかれた=9日、奈良市二条大路南1丁目の同市役所 拡大

 今年で73回目となる「長崎原爆の日」の9日、奈良市役所で、屋上塔屋にある「平和の鐘」が打ち鳴らされた。同市は昭和60年に市議会で「非核平和都市宣言」を決議。翌年から広島、長崎の原爆の日に合わせて同鐘が打たれ続けている。ただ本庁舎は来年度から耐震化工事が予定され、平和の鐘の設置場所などが新たな課題となりそうだ。

 平和の鐘行事は同日午前11時2分、仲川元庸市長や奈良原爆被害者の会会員らが参加して行われ、平和の祈りを込めて参加が鐘を鳴らした。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド