社会

平和願う象徴に課題 - 耐震化工事控え再設置場所未定/奈良市役所「平和の鐘」

長崎への原爆投下の日から73年。今年も「平和の鐘」がつかれた=9日、奈良市二条大路南1丁目の同市役所 拡大

 今年で73回目となる「長崎原爆の日」の9日、奈良市役所で、屋上塔屋にある「平和の鐘」が打ち鳴らされた。同市は昭和60年に市議会で「非核平和都市宣言」を決議。翌年から広島、長崎の原爆の日に合わせて同鐘が打たれ続けている。ただ本庁舎は来年度から耐震化工事が予定され、平和の鐘の設置場所などが新たな課題となりそうだ。

 平和の鐘行事は同日午前11時2分、仲川元庸市長や奈良原爆被害者の会会員らが参加して行われ、平和の祈りを込めて参加が鐘を鳴らした。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報