社会

鐘ついて祈る - 13カ寺、犠牲者鎮魂/平和へ県内イベント

五條空襲を語り継ぐ平和の鐘をつく藤原住職=8日午前8時半、五條市野原西の金剛寺 拡大

 太平洋戦争で、昭和20年8月8日に米軍の空襲を受けた五條市で8日、市内の13カ寺が一斉に鐘をつき、平和の祈りを捧げた。

 72年前の朝、市内の北宇智国民学校や汽車、吉野川にかかる大川橋が空から銃撃され、子どもを含む多くの市民が死傷した。平和の鐘は市の呼び掛けでお寺が協力し、広島・長崎の原爆と五條空襲の日時に犠牲者を鎮魂。市民も1分間の黙とうで平和を祈る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド