考古学

円筒埴輪列を確認 - 奈良・コナベ古墳

コナベ古墳の墳丘の1段目で見つかった円筒埴輪列=4日、奈良市法華寺町 拡大

 宮内庁書陵部は4日、奈良市法華寺町の大型前方後円墳・コナベ古墳(5世紀ごろ)の墳丘で、円筒埴輪(はにわ)列や二重の葺(ふき)石などが確認された、と発表した。墳丘の発掘調査は初めて。立ち入りが厳しく制限される陵墓参考地に指定された、古墳の構造や祭祀方法などを知る貴重な資料になりそう。

 墳丘すそ護岸工事のため、11月上旬から18カ所で調査。同日、発掘現場が報道各社に初めて公開された。

 円筒埴輪列は墳丘の南北と西側の3カ所で計30数本確認。いずれも直径30センチ程度で、すき間なく並んでい…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

胃腸の知識と守り方の本

プレゼント写真
提供元:幻冬舎メディアコンサルティング
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介