特集奈良ラーメン探検隊活動中!

奈良の鹿ニュース

「鹿」グッズ限定のクラフト展「ならしかの休日Vol.11」がスタート 12月12日まで・奈良 蔦屋書店にて

 奈良を象徴する「鹿」グッズを集めたクラフト展「ならしかの休日Vol.11」が11月22日、奈良市三条大路の奈良  蔦屋書店で始まった。12月12日まで。

 

鹿をかたどったクラフトなどが一堂に集まった「ならしかの休日」展=22日、奈良市三条大路の奈良 蔦屋書店

 

記念となる10周年で限定アイテムも続々

 「主役は、鹿」をテーマに、鹿をかたどった作品だけを選りすぐったイベントとして2014年に初開催し、今年10周年の節目を迎えた。初の夏冬2回開催で、今回は初出展の3人を含む計32人の作家が参加。ハンドメイドのクラフト品やアクセサリー、食器などのほか、10周年を記念し▽焼き菓子店「焼菓子 糸」とコラボレーションした箱入り菓子▽紅茶専門店「お茶と旅する紅茶店 百色水」のオリジナルブレンドティー▽周年ロゴ入りトートバッグやクリアファイル ―などの限定アイテムが並んだ。

 

 毎年、「鹿の愛護月間」の11月に合わせて開かれ、売り上げの一部を奈良の鹿愛護会に寄付。同会の石川周(45)さんは「鹿のために継続して支援を頂き大変ありがたい」と話す。京都から訪れたという30代の男性デザイナーは「目当ての作家のものを購入でき満足。面白い作品がたくさんで楽しめる」と笑顔を見せた。

 

お気に入りの作家「Sugar Poppo」の作品を手に、展示を楽しむ来場者=同

 

 同展を主催・企画した奈良市在住のイラストレーターmittoさんは「10年間支えていただいた全国の作家やお客様とのご縁に感謝。素敵な『鹿』が一堂に会する様子を、ぜひのぞきにきてほしい」と話している。

 

 会場では展示即売のほか、「山笑う雑貨店」の鹿のかぶりもの撮影会(25日、12月3・8日のみ。予約不要。各日午後2時から4時。撮影時は要マスク着用)もある。

 

「山笑う雑貨店」の鹿のかぶりもの。撮影会実施日時以外は展示のみ=同

 

 追加納品など、商品に関する最新の情報は同イベントのSNSを確認。問い合わせは奈良 蔦屋書店、電話0742(35)0600。

 

 

会場の作品から一部を紹介!

 

「お茶と旅する紅茶店 百色水(もいろみ)」のオリジナルブレンド紅茶。ミニパックのセットも販売=同

 

instagramで10万人を超えるフォロワーをもつ写真家「Yoshi」の鹿カレンダー。個人サイト以外での販売は「ならしかの休日」が初=同

 

10周年記念グッズも各種並ぶ=同

 

「あいうえ堂」のレザー小物(鹿せんべいシリーズ)は昨年大きな話題となった人気アイテムで、使い込むほどに飴色に変化。せんべいを束ねる証紙まで細かく再現(茶色が150円当時の旧証紙・緑が現在の200円の証紙)=同

 

「RAKKAKU(ラッカク)」の繊細なアクセサリーは、自然に生え変わった天然の鹿の角が素材。作家自らが許可を得て山歩きし、目視で拾い集めている=同

 

「merle(メルル)」のビーズ刺繍作品。普段は猫をモチーフに制作しており、鹿アイテムは「ならしかの休日」だけのレアな商品=同

 

鹿アイテム番外編

mittoさんの鹿アイテムコレクションのほんの一部。現在も参加する作家の初期の頃の作品もあり、この10年間の思いが詰まった「お気に入り」たち。会期中店頭に立つ前にどれを着けるか楽しみに選んでいる=mittoさん私物

 

※商品や店頭の状況は取材時(2023年11月22日)のもの

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド