募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

奈良の鹿ニュース

megumiさんの写真巡回展「心の保健室〜奈良公園 四季彩〜」が開催中 - 9月10日まで

 木津川市在住の養護教諭、megumiさん(47)の写真展「心の保健室〜奈良公園 四季彩〜」が、9月10日まで開催されている。会場は奈良市東寺林町の「奈良市ならまちセンター 1階ギャラリーinishie(いにしえ)」。入場無料。展示は午前10時から午後5時、最終日の10日は午後4時まで。

 

会場入り口の様子=ならまちセンター1Fギャラリーinishie(いにしえ)

 

展示の様子=同

 

作品を鑑賞する来場者ら=同

 

 今回の展示は奈良公園の鹿たちを中心に、150枚前後を出品。5月の初個展から3割ほどの作品を入れ替えており、見ごたえのある新たな展示となっている。

 

 豊富なパネル展示のほか、これまでの作品をテーマごとにまとめたフォトブックが閲覧できるコーナーや、平城宮跡の水上池(奈良市佐紀町)に約18年住み愛された白鳥「コウちゃん」の追悼コーナーも設置。

 

 取材時の平日午前は、ゆっくり時間をかけて鑑賞する人が多く見られた。

 

奥のカフェ利用の合間に、展示を楽しむ海外からの観光客の姿も=同

 

白鳥「コウちゃん」の追悼コーナー=同

 

 この展示を目的に木津川市から訪れたという親子は、「前からSNSで作品を見ていたが、実物をパネルで見ると一層素敵な作品で癒やされた。添えられた言葉の紡ぎ方も美しく、心に栄養を貰った」「かわいかった。普段見られないような、鹿の一面をたくさん見させてもらった」と、それぞれ感想を語った。

 

 また、ならまちセンタ―上階にある奈良市立中央図書館からの帰りに立ち寄ったという奈良市在住の大学生(20)は、「偶然展示を見たが、『奈良じゃない(ぐらいの絶景)』と感じた」「それぞれの季節の瞬間を捉えているのがすごい」と、2人笑顔で話した。

 

展示の作品=同

 

 会場奥のカフェスペースにも展示があり、飲食利用がなくても鑑賞可能=同

 

 作家は土日(9月9・10日)に在廊予定。

 

 作品についての問い合わせは、megumiさんインスタグラム、@sikalove7(奈良公園の鹿さん)。会場や会期中の問い合わせは奈良市ならまちセンター、電話0742(27)1151。

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド