募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

奈良の鹿ニュース

鹿や自然の写真に優しい言葉を添えて 8月30日から「心の保健室」巡回展開催

 木津川市在住の養護教諭、megumiさん(47)の写真展「心の保健室〜奈良公園 四季彩〜」が、8月30日から9月10日(9月4日休館)まで開催される。会場は奈良市東寺林町の「奈良市ならまちセンター 1階ギャラリーinishie(いにしえ)」。入場無料。

 

出展予定の作品「ひとりぼっち なんかじゃない」=megumiさん提供

 

 今回の展示は150枚前後を出品予定で、5月の初個展から3割ほどの作品を入れ替えた巡回展となる。作品は奈良公園の鹿たちを中心に新作が加わる。また、平城宮跡の水上池(奈良市佐紀町)に住み、周辺住民や野鳥愛好家から「コウちゃん」と呼ばれ親しまれていた白鳥の追悼コーナーも新たに設ける。

 

 会場奥のカフェスペースでは、雫(しずく)をテーマに展示。飲食利用がなくても、すべての展示作品を鑑賞することが可能だ。

 

 展示で意識していることは「心の満足を得てもらいたい」という願い。初個展時には全体の配置や、写真にどんな言葉を添えるかを熟考。作品によっては世界観に合うよう額装を手作りするなどし、半年かけて個展の準備をすすめた。

 

 こうした細やかな心配りもあり初個展の反響は大きく、今回の巡回展開催に結びついた。

 

出展予定の作品「どうか 今日を喜び 楽しめますように」=同

 

megumiさんの作品=同

 

出展予定の作品「ありのままの自分に 花丸をあげよう」=同

 

 megumiさんは、「前回は『想像していたよりとても良かった』『心の保健室の意味が分かる』『心が癒やされる』と長くじっくり鑑賞する人が多かった。また、保健室にも置いているフォトブックを読み、目に涙を浮かべながら『感動した』と言ってもらえたりして私自身も感動をもらえた。今回の巡回展も心を込めて準備している。会期も長めなので、たくさんの方に来てもらえるとうれしい」と話している。

 

 展示は午前10時から午後5時まで、最終日は午後4時まで。作家は土日(9月2・3・9・10日)に在廊予定。

 作品についての問い合わせは、megumiさんインスタグラム、@sikalove7(奈良公園の鹿さん)。会場や会期中の問い合わせは奈良市ならまちセンター、電話0742(27)1151。

 

巡回展のリーフレット=同

 

megumiさんプロフィール

 2019年に手にしたミラーレス一眼のカメラで手軽に美しい写真が撮影できることに感動。

 以来、奈良公園の鹿や身近な風景の中の雫(しずく)などに着目した写真を撮影し、「癒(い)やし」を共通のテーマに透明感のある作品を発表している。写真に心がホッとするひと言を添えたフォトエッセーのような作風が持ち味。2023年5月には初個展を開催。

 普段は養護教諭として、保健室を訪れる児童・生徒らの気持ちに寄り添い続けている。

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド