特集奈良ラーメン探検隊活動中!

奈良の鹿ニュース

佐藤和斗さんの4日間限定の写真展「Deer time ~鹿の子模様の鹿たち~」が開催中 - 8月10日から13日まで

 自然写真家の佐藤和斗さんが、奈良市内にオープンした自身の新アトリエ&ギャラリー「Gallery karoku 鹿鹿」(奈良市高畑町1216-4)で、4日間限定の写真展「Deer time ~鹿の子模様の鹿たち~」を開催している。8月13日まで。午前10時から午後6時。入場無料。

 

佐藤和斗さんの新アトリエ&ギャラリー「Gallery karoku 鹿鹿」=奈良市高畑町

 

作品展の案内=同

 

作品が並ぶギャラリー内=同

 

展示作品は自由に撮影可能=同

 

 今回の展示は「夏の鹿」をテーマに37点の写真作品が並ぶ。展示作品のほか、これまでの佐藤さんの写真集や著書もその場で購入可能。

 

 2年ほど前から奈良公園にほど近い高畑周辺で拠点となるアトリエの移転先を探しており、今回展示を兼ねてのお披露目となった。初日となる10日は開場後から続々と来場者が訪れ、作品に見入っていた。

 

 佐藤さんは「鹿といえば愛らしい鹿の子(かのこ)模様をイメージする方が多いと思うが、実は6月から8月と限られた時期にだけ見られる夏ならではの姿。この時期の作品ばかりを集めたので、ぜひ燈花会前の散策などで立ち寄って楽しんでもらえたら」と語った。

 

 

自身の作品を前に。佐藤和斗さん=同

 

 静岡から今回の展示を見に訪れたという黒澤和美さん(56)は、「佐藤さんの撮る鹿はかわいくて愛くるしいところが魅力。子どもの大学進学で奈良と縁ができ、奈良と佐藤さんの鹿作品のファンになった」と趣味のカメラを手に笑顔で話した。

 

会場の一角には鹿以外の写真集も。展示とあわせてじっくり鑑賞する来場者が多く見られた=同

 

 今後1階のギャラリーは、佐藤さんの写真教室として使用するほか、これまで出版した著書関連のイベントも計画中。また展示が可能なフリースペースとして一般利用者への短期貸し出しも予定している。

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド