国原譜

県内在住のフリーアナウンサーが、ラジオ…

関連ワード:

 県内在住のフリーアナウンサーが、ラジオ番組で「散々な8月だった」と述懐していた。コロナに感染後、インフルにもかかったという。

 

 後遺症に悩まされ、副鼻腔炎や、のどの痛みや微熱、そして何より脱力感が強く、やる気が起こらない日があると話していた。最近ようやく声にハリが戻ってきた感じで、リスナーとして安堵している。

 

 感染しても人によって症状の軽重があるようだ。コロナを「少し甘くみていた」という人もいた。筆者が、休日に乗った電車では、マスクなしの若者が目についた。隣に立って、友達と会話中の女子高校生が2回咳込んだ。「咳エチケット」は消えていた。

 

 「過剰反応」と言われるかもしれないが降車後、マスクを替えた。「5類」に移行してもコロナが消えたわけではなく、電車の中で無防備な人がいるのは残念だ。

 

 教育現場では学級閉鎖が増え、先生や家庭では大変な思いをされている方もいるだろう。運動会など、秋は各種行事が多いだけに悩ましい日々に違いない。

 

 手洗い、マスク、換気…少し前まで続けていたことを思い出してほしい。(恵)

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド