国原譜

 今年もいくつか年賀状をもらった。元日に届くはがきに、ありがたさとともに、昨年末に慌てて投かんしたわが身を振り返り、心掛けの違いに恥じ入りもする。

 同業の先輩は毎年、自身の経験を踏まえ助言を添えてくれる。仕事のこともあれば生活のことも。今年は、のちのちいい思い出となるように子育てを楽しんでとの内容だった。よき慣習に心が和む。

 官公庁や多くの企業が仕事始め。新しい年の社会、経済も動き出した。国の施策もあり、新型感染症が契機の変革がより明確になる一年となりそうだ。

 本紙4日付の県内4商工会議所会頭の紙上座談会では、経済回復には時間がかかるとの見方が強い。その中で支援と同時に新しい社会に順応して変わる必要性も説く。

 ただ県内中小、小規模事業者がリモートや非接触など新しい流れへの対応が遅れ気味とも指摘。存続へ、変化にどう向き合うかが問われている。

 市民生活でも変化が避けられそうもないが、さまざまな理由で対応の難しい人々もいる。新旧のバランスが取れ、一方向に流れ過ぎない社会であることを願っている。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報