国原譜

 3連休を迎えた先週末、「静かなマスク会食」を呼び掛けた菅首相。また、小池都知事は「小人数、小一時間、小声、小皿、小まめ(換気・消毒)」という五つの『小(こ)』を呼び掛けた。

 しかしながら、いずれも呼び掛けは遅すぎた。事前に予約を入れていたので、行かざるを得なかった人も多かったようだ。嵐山など有名観光地での大きな人波の映像を見ると、「時、既に遅し」の感があった。

 「Go Toキャンペーン」の影響もあり、このところ連日のように全国各地のコロナウイルス感染者が「過去最多」という報道がなされた。気の緩みからなのか、今まで比較的少なかった中高年の感染者が増えているのが気になる。

 人が大勢集まり、「3密」の状態となれば、それだけ感染リスクが高まるのは必定だろう。ウイルスは動かないが、人が動けば“運んで”しまう。

 一方、最近では「後遺症」に関する報道も増えてきた。軽症者でも、倦怠感や脱毛、味覚障害などに悩まされる事例があるという。

 「若い人はかかっても軽症」といった話を、うのみにしてはいけないようだ。(恵)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 政府広報防災
  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「いのちのつながり」展開催で入館招待券

絹谷幸二・絹谷香菜子「生命輝く」2017年 ミクストメディア 200号
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報