国原譜

 86歳の冒険家、三浦雄一郎さんが、南米最高峰のアコンカグア(6959メートル)登頂を目指して日本を出発した。順調なら21日にも山頂に立つという。

 三浦さんは県内でも講演を重ね、目標の大切さを語っていた。物事を成し遂げられるかどうかは「やるか、やらないかだけの違い」とも。

 今回のアコンカグアは登頂後にスキーで滑降するという。米寿を前にして高度7000メートルに近い山頂からスキーで降りる。「やる」を選択したチャレンジ精神は、とても常人の及ぶところではない。

 三浦さんが80歳でエベレスト登頂に成功したドキュメントをテレビで見たが、次男の豪太さんら同行者のサポートが印象的だった。86歳の男性と高所で行動を共にするリスクはパーティ全体で背負うことになる。

 エベレストでは三浦さんが下山時に変調をきたし、予定のキャンプまで下れなかった。本人はもちろん、全員の覚悟があって成された偉業だった。

 アコンカグア挑戦を「究極の老人介護登山」と表現した三浦さん。登頂の成否にかかわらず、その挑戦は新年に希望を与えてくれるだろう。(増)

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報