国原譜

 平昌冬季パラリンピックが開幕した。五輪閉幕後寂しくもあったが、18日の閉会式まで再び気分が高まる日々となりそうだ。

 パラリンピックが気になり始めたのは、やはり1998年長野大会。当時は本紙運動面の担当デスクで、日本選手の活躍を地方紙として可能な限り報じた。

 パラアスリートのすごみを知ったのは、その後のこと。車いすバスケットボールで奈良のチームに所属する根木慎志さんを取材した時だった。

 体験させてもらうと、車いすに座ったままではボールを高く投げ上げることすらできない。車いすを巧みに操って闘う、根木さんのスピードと技術に驚くばかりだった。根木さんは2000年シドニー大会で同競技日本代表の主将を務めた人物だ。

 ただ障害者スポーツの認知度は、いまだ十分とは言い難い。競技への支援体制も未整備と聞く。状況改善には、画面を通してでも選手の卓越した技量を感じ、知ることが第一歩だ。

 今大会に県出身選手の出場はないが、季節こそ違え東京大会に続く祭典でもある。県選手の登場や支援充実を思いつつ、しばし大会に浸りたい(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カメラムック「花の新しい撮り方」

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド