国原譜

 今年は、ひときわ早い日程となった成人の日。少子化の影響は免れないが、県内は前年より多い新成人が誕生、各地の式典もにぎわったようだ。

 このうち奈良市では仲川市長が、若者の発想力や情熱に期待。あいさつで参加者に「ぜひ主体的に世の中を動かしていってほしい」と呼び掛けた。

 初当選時、全国屈指の若い市長だった仲川氏も現在3期目。同市は今年で市制120年の節目と紹介しつつ「歴史は一日一日の積み重ね」と話す言葉には、市長自身の体験や思いもにじんだ。

 ちなみに今年は市町村制の公布から130年。実際に市町村が立ち上がったのは翌年だが、基礎自治体のあり方を考える上での節目の年にもなる。

 そんなこともあってか、荒井知事は先の年頭会見で地方分権の進展に改めて触れ、その中で県職員に「自分の頭で考えること」を求めたが、これは今回の仲川市長の式辞にも通じる気がする。

 何ごともひと任せにせず、自立的に行動する姿勢が引いては社会や地域の充実につながる。既に18歳選挙権が実現しているが、まずは有権者としての自覚から、もう一度。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ワールド・ドリーム・サーカスの鑑賞券

プレゼント写真
提供元:奈良新聞社
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド