国原譜

 スマホやタブレット端末、パソコンの普及で、新聞を読まない人(家庭)が増えた。電車内での乗客の様子を見れば一目瞭然、新聞を読んでいる人は今では珍しくなった。

 そんな社会情勢の中で、学校の授業で新聞を活用する活動は「NIE(エヌ・アイ・イー=教育に新聞を)」と呼ばれている。県内でも、地味ながら活動が続けられている。

 そんな取り組みを学問的に研究しているのが日本NIE学会。25・26日、京都府宇治市で「地域連携とNIEの可能性」をテーマに研究者や教育関係者が意見を交わした。

 この中で日本新聞博物館(横浜市)館長、尾高泉さんは「今のデジタル社会にあふれる情報は、自分の耳に心地よいものばかり。異なる意見に耳を傾けて理解しようとするときに、深い学びが生まれる」と語った。

 インターネットは便利だが、確かに自分の興味のある分野にまず目が行きがちだ。お堅い政治や経済の話や、興味の薄い情報は避けるきらいがある。

 大事なことはバランス感覚。排除ではなく、相互に理解し合う心を養うのもNIEの果たす役割のような気がする。(恵)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

コーヒーフレッシュ20袋セット

プレゼント写真
提供元:メロディアン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド