国原譜

 各地に伝わる祭りや行事の楽しさは、見た目だけでは語れない。時を超えて伝承される理由を知り、ときに目に見えないものの存在を感じたとき、味わいは増す。

 十数年前、国重要無形民俗文化財の十津川村3地区の「大踊り」を取材させてもらった。同じ村内の盆踊りながら、それぞれ少しずつ踊りの内容や形態が違った。

 その背景には各地区の人々の行事への思いと併せ、地区ごとに人と人、人と土地を結び付ける独自の物語があった。同じ名の行事でも県内各地で、伝承の事情はおのおの異なるのだ。

 そんな奥深い伝統行事になじむきっかけになりそうなのが、25日に五條市で開かれる「大和のまつり」。大踊りをはじめ地元の篠原おどり、奈良の春日若宮おん祭と邑地の神事芸能、御所の献灯行事のさわりが披露される。

 その場で全容をつかめなくても、何か胸に届くものがあるかもしれない。興味が湧けば現地を訪れるなど、なお一歩踏み込むこともできる。

 県内には多彩な文化や歴史、文化財が存在する。人の息遣いが感じられる民俗行事が身近に残るのも、県民の大きな財産だ。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

夏休み文楽公演の招待券

プレゼント写真
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド