国原譜

 人は叱るより、褒めて育てる方が良く伸びるという。仕事の効率を上げたいときも怒鳴るより、持ち上げて使う方が頑張りを引き出せたりする。

 もちろんケースによって結果は異なるが、選挙の場合はどうだろう。優勢だと言われるよりも劣勢だと厳しい評価を受ける方が陣営が引き締まる。

 ただ有権者が抱く印象は、どちらが良いか微妙な面も。弱い陣営に支援が集まる判官びいき、また逆に勝ち馬に乗る動きなど、優劣に関する情報が正にも負にも作用することがあって難しい。

 実際のところ報道によるアナウンス効果には作為がないし影響力も明確ではない。それでも選挙関係者は日々ニュースの文言に神経をとがらせる。

 ただ政治家が表面的な世論動向に敏感過ぎても良くない。叱られるにせよ褒められるにせよ、常に有権者と正面から向き合う姿勢を保ってさえいれば、選挙の際も支持はブレないに違いない。

 抜き打ち的な衆院解散に続いて野党再編の動きが急展開。直近2度の師走選挙より以上に慌しい感じもするが、有権者は落ち着いて一票を行使、より良い政治を育てたい。(松)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

特別展「西郷どん」の招待券

プレゼント写真
提供元:大阪歴史博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド