国原譜

 中学の同窓生で年に2回ゴルフコンペを開いて10年ほどになった。県内に住んでいる人はもちろん、県外在住者も駆けつけてくれる。

 ゴルフをしない人も夜の懇親会には参加。旧交を温め合い、ミニ同窓会のような集いになっている。恩師の一人も毎回参加して、「まだまだ君たちには負けない」と元気なのもうれしい。

 定年を数年後に控えた年齢層。ある会社の要職にある同級生は、「会社は退職すればそれまで。高齢になって頼りになるのは地元の友人」と地元愛を語る。

 東京、大阪など大都市に暮らす生活は便利で刺激的だ。ただ人間関係が希薄で、隣人が何者か知らなかったり、高齢者の孤独死も多いのではないか。

 県が実施した平成29年度県民アンケートによると、「県内で住みたい」という回答が7割近くに達している。自然、周辺環境の評価が高いという。

 奈良県民は郷土愛が低いとされ、理由として県外就業率の高さが指摘されるのには筆者は疑問だ。県外就業率が高いのは、県内に働く場が限られているからではないだろうか。雇用対策は県の最重要課題の一つだろう。(栄)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド