国原譜

 中学生のころまで暮らした家には風呂がなく、銭湯通いをしていた。それを息子に話すと「貧乏だったの」と聞かれ、苦笑するしかなかった。

 確かに裕福ではなかったが、昭和30~40年代の大阪の下町ではありふれた状況。生まれながら一定のモノがそろった、平成生まれの人間には想像しがたいようだ。

 モノが十分になかった時代にも、年齢を問わず力を与えられ、心和ませてくれたのが音楽。聴くための機器やスタイルが変化してきた今も、根っこの部分では変わらない。

 16日間にわたる県音楽祭「ムジークフェストなら2017」が昨日10日、開幕した。6回目の今年は、県内22市町村137会場で約250公演が予定されている。

 比較的長い期間、古都ならではの会場で良質な音楽が提供され続けることは自慢の部分。著名な音楽家の演奏が無料で聴けることがあるのも太っ腹だ。

 国内外の情勢に陰りがなくもないが、好きな音楽を好きなときに好きなだけ聴けるのは、まだ自由と平和が私たちの手の中にあるからだ。そんなありがたさも感じつつ、ひととき音楽に浸ってみたい。(智)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「江戸のなぞなぞ」展の招待券

プレゼント写真
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド