国原譜

 年度始めは、正月とはまた違った気分で迎えられる。新入学や新入社と、新天地で期待に胸をふくらませた若者たちが大勢いることだろう。

 今年のサクラは開花宣言も遅れたが、それでも各地から花便りが聞こえ、楽しませてくれるに違いない。サクラの名所が多い奈良に住める幸せを感じる。

 しかしながら、現実は楽しいことばかりではない。世界情勢は緊迫の度を増しており、国内も悲惨な事件や事故が後を絶たない。国会の論戦は言葉ほどには緊張感もない。

 「まさか」の出来事は、そんな心のスキに起きる。春の陽気のなかでのんびり花を愛(め)でたいが、油断してはならないのだろう。そういう時代に生きている。

 奈良市の市長選も告示まであと3カ月ほどとなった。いまだに現職を含めて1人も立候補の意思を表明していない。県都の首長選びだけに、政党関係者の責任は大きいといえる。

 前回は7人の有力候補で争い、大量の批判票がありながらも、1位になれば当選した。それがこの4年間の市政運営に出ていた。同じ轍(てつ)を踏まぬことだ。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド