国原譜

 今年に入り、県内で交通死亡事故が多発。昨年は2月末までの死者が4人。それが今年は同時期で犠牲者は12人と3倍に達したという(4日付3面既報)。

 12人中7人が歩行中の高齢者で、全員が横断歩道ではない車道上で、はねられているという。横断歩道や歩道橋などがあっても、遠回りになるせいか、つい最短距離の所を渡ってしまうのだろうか。

 昼間でも、結構横断歩道ではない所を渡る高齢者は多く、ヒヤリとした経験は多い。夜間はライトをつけていても、ドライバーからは見えにくい。

 最近どうも、運転手も歩行者もイライラしている人が多いように感じる。関西でよく言う「いらち」が増えて、自己中心的になりがちで、思いやりや譲り合う精神に欠ける。

 イライラを引き起こす一因が渋滞。「何でこんな所で」というような場所で渋滞に出くわすことがある。信号待ちの時、車間を2台分くらい開けているケースも多く「もっと詰めてくれ」と叫びたくなる。これが余計な渋滞を引き起こしているのではないか。

 ともあれ、マナーやルールを守って悲劇をなくしていきたい。(恵)

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド