国原譜

 誰もが本音を発信できるデジタル時代のあやうさを感じながら、何かを変えなければ大変なことになると、新しい年の始まりに思う。

 除夜の鐘から初詣でと、いつに変わらぬ世間の風景だが、この穏やかさのなかで、一人ひとりが、これまでよりも「今年こそは」の思いを強くしているのではないか。

 世界は米国のトランプ次期大統領の言動に注目が集まっている。選挙中の過激な発言は控えられたが、まもなく正式に大統領に就任し、その一挙手一投足は目が離せない。

 「むき出しの本音」を暴言や妄言と決めつけることができるのかどうか。国民大衆の思いを代弁したから支持されたともいえる。それだけ苦しんでいるということだ。

 たしかに「建前」はおもしろくないだろう。「郵政民営化」「政権交代」といった、ワンフレーズの選挙を経験してきただけに、興味本位のあやうさを知っている。

 新しい年が、大きな変化の年となりそうだ。厳しい経済環境、そして自然災害という、いかなる苦難をも乗り越えていける、そんな年にしていきたいと思う。本年もよろしく。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ドン・ウィンズロウ・新著「ダ・フォース」

プレゼント写真
提供元:スーパーコリンズ・ジャパン
当選者数:2人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド