社会

「被害想定」 奈良盆地東縁断層帯地震は死者5000人超か - 「その日」に備えて~検証・奈良県の防災~(上)

関連ワード:

南海トラフ大地震、30年以内に70~80%の確率で

 

 東日本大震災が発生した2011年3月11日から13年。奈良県内は他府県に比べ災害が少ない地域とも言われるが、周辺では18年6月に大阪北部地震、今年1月には能登半島地震が起きるなど、大きな被害をもたらす地震が相次いでいる。さらに今後30年以内には70~80%の確率で南海トラフ沿いの大規模地震が起きると予測されており、緊張が高まる。必ず来るだろう「その日」に備え、改めて県内の地震防災対策を連載で検証する。

この記事の残り文字数:1,203文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド