注目記事奈良県内の自治体異動名簿掲載

政治

奈良県下北山村崩土事故、県が3村を観光支援へ 旅費割引キャンペーン - 整備中の仮橋供用開始から3カ月程度

関連ワード:

崩落現場に設置される仮橋のイメージ(県提供)

 昨年12月に下北山村池原の国道169号で起きた崩土事故で、奈良県は20日、事故の影響を受けている下北山村、上北山村、川上村の3村への観光需要を喚起するキャンペーンを実施すると発表した。

 

 現在、県は応急対策として国道沿いに仮橋を整備しており、6月下旬をめどに供用を開始する予定。ダム側に張り出す仮橋を通って現場が通行できるようになる。事業費は斜面の安全確保と仮橋整備合わせて約9億円。

 

 キャンペーンは仮橋の供用開始後から3カ月程度、実施する予定で、宿泊費は5千円、観光バスツアーなど交通付宿泊は8千円を上限に、旅行代金の50%を割引する。県は同事業費5千万円を2月定例県議会に提案する。

 

 山下真知事は「キャンペーンを活用して県内外から多くの方に3村に来てもらいたい」と話した。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド