注目記事奈良県内の自治体異動名簿掲載

政治

奈良市の住宅耐震化13万8868戸、89.6%

関連ワード:

2025年度目標の耐震化95%まで6500

 

 能登半島地震で人的被害拡大の要因の一つとなった住宅などの建物の倒壊。奈良市は26日、2023年度当初の住宅戸数15万4948戸のうち、耐震性が確保されている戸数が13万8868戸との推計を明らかにした。耐震化率は89.6%(推計値)となる。市の「耐震改修促進計画」は、25年度における住宅の耐震化率95%を目標に掲げており、達成には住戸約6500戸の耐震化を図ることが必要だ。

この記事の残り文字数:1,113文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド