注目記事山下県政 世論調査の全結果掲載

政治

奈良県が五條の広域防災拠点用地にメガソーラー計画

関連ワード:

大規模広域防災拠点の予定地だった旧ゴルフ場=24日、五條市

別の写真を見る

防災ヘリポートや備蓄倉庫も

 

 奈良県は24日、事業中止を決めた大規模広域防災拠点整備の用地について、太陽光による大型電源施設(メガソーラー)などに活用する計画を発表した。五條市内に県が所有する用地のうち約25ヘクタールを太陽光発電に充てるほか、約1ヘクタールの規模で防災ヘリポートや備蓄倉庫などを整備する。メガソーラーは事業者を公募などして建設、平時は県内の産業振興にもつながる再生エネルギーとして電力を供給、災害時は可搬型蓄電池で避難所などに供給するなど防災機能も持たせる方針を示している。

この記事の残り文字数:1,930文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド