特集奈良の鹿ニュース

社会

黒船来航を描いた絵馬見つかる 退散を祈願か 葛城の調田坐一事尼古神社

関連ワード:

調田坐一事尼古神社の拝殿で見つかった黒船を描いた絵馬。側面に蒸気船の外輪が描かれている=11月28日、葛城市疋田

別の写真を見る

 奈良県葛城市疋田の調田坐一事尼古神社(高津和司宮司)で、1853(嘉永6)年の黒船来航を描いた絵馬が見つかった。黒船の退散を祈願した可能性があり、来航地の浦賀(神奈川県横須賀市)から遠く離れた大和でも、人々が不安を抱えていたことが分かる。黒船の絵馬が確認されているのは広島県安芸高田市の川角山神社だけといい、当時の世情を知る貴重な資料という。

この記事の残り文字数:1,014文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド