特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良市会の会期延長 清美工場の改修事業「開札」の延期受け

関連ワード:

 老朽化した奈良市環境清美工場(同市左京5丁目)の大規模修理に向けた「入札」がストップしている問題で、同市議会(北良晃議長)は1日、各派代表者による「幹事長会」(非公開)を開き、12月定例会最終日を15日から20日に変更し会期延長する方針を確認した。4日の議会運営委員会で決定する。市が6日に延期した「開札」が、予定通り執行されるか依然不透明で、審議への影響が大きいと判断した。5日から予定していた代表・一般質問も8日からに日程変更する見通し。

この記事の残り文字数:821文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド