特集奈良の鹿ニュース

政治

金剛山を貫く「新金剛トンネル」建設へ 五條市長が意欲 推進協議会設立目指す

関連ワード:

定例記者会見で新金剛トンネル建設推進や中心市街地のまちづくりについて語る平岡市長=29日、五條市岡口1の市役所

 奈良県五條市から北進し、大阪府境の金剛山を貫く新しいトンネルの建設に向けて、五條市の平岡清司市長は29日、定例記者会見で「これからがスタート」と意欲を語った。事業推進を支援する市内の民間組織が今月27日に発足。平岡市長は今後、関係自治体に賛同を呼びかける考え。

 

 「新金剛トンネル(ルート未定)」を機軸とする広域ネットワークの形成で紀伊半島の振興を図り、五條市がターミナル都市として発展する構想。平岡市長は4月の市長選挙で整備推進を公約して初当選した。県南部や大阪府側の自治体から賛同が得られれば、自治体レベルの推進協議会を設立し、国への陳情などを行う方針。

 

 市内では今月27日、民間組織「新金剛トンネル建設を進める会」が発足。発起人は市商工会や市観光協会など市内の経済団体や運輸・建設業界団体、自治連合会など各種団体の代表、有識者ら19人で名誉会長に田野瀬良太郎・元衆院議員、会長に吉野晴夫・元市長を選出した。12月下旬まで個人会員と企業団体の賛助会員を募り、来年2月に総会を開く。事務局は市まちづくり推進課内に置く。

 

 奈良新聞の取材に対し、会長に就任した吉野元市長は「一度は国家予算で調査費までついたが、政権交代などで立ち消えた。再び動き出した市の取り組みを市民として精いっぱい支援したい」と話した。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド