特集奈良の鹿ニュース

歴史文化

「奈良大茶会 珠光茶会」4年ぶり本格開催 東大寺など奈良市内8社寺で 2024年2月6〜12日

関連ワード:

「珠光茶会」の会見に出席した実行委員会のメンバーら=27日、奈良市役所

表千家・千宗左宗匠による「特別茶席」

4年ぶり点心席も復活

 

 奈良市は27日、10回目となる「奈良大茶会 珠光茶会〜茶の湯の華開く 奈良の都〜」を来年2月6〜12日に開くと発表した。来月世界遺産登録25周年を迎える東大寺などの市内8社寺を会場に、茶道7流派がそろう。2月7日には「大茶盛り」で知られる西大寺で、表千家第15代家元・千宗左宗匠による「特別茶席」が開かれる。仲川元庸市長は「奈良にゆかりのある珠光さんの茶会。コロナ禍で一時中断を余儀なくされたが、節目の10回目を迎え、4年ぶりに点心席も復活する」とアピールした。

この記事の残り文字数:936文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド