募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

「本番は上手に馬に乗れるように頑張ります」 奈良の春日若宮おん祭を前に「装束賜式」 頭屋児らが参拝

関連ワード:

装束をまとって若宮神社に向かう参勤者ら=25日、奈良市春日野町の春日大社

 古都奈良の冬の風物詩、春日若宮おん祭を前に、お渡り式(12月17日)に参加する稚児や神子(みこ)に衣装を授与する装束賜式(しょうぞくたばりしき)が25日、奈良市春日野町の春日大社で行われた。

 

 かつて興福寺の田楽頭役の学問僧が、お旅所祭の前日、田楽の楽頭に装束を授与したことにちなむ儀式。小学生から社会人までの19人が、同大社の花山院弘匡宮司から参勤辞令と装束を手渡された。

 

 参勤者は装束をまとい、境内の若宮神社に参拝。お渡り式で重要な役割を担う頭屋児(とうやのちご)の2人は、不浄とされる地面に触れないよう従者に肩車されて進み、全員で神職のおはらいを受けた。

 

 馬に乗って奉仕する馬長児(ばちょうのちご)役の帝塚山小学校4年、中室敢慈(かんじ)君(10)は「(衣装の)鳥の羽が付いた帽子がきれい。本番は上手に馬に乗れるように頑張ります」と話した。

 

 おん祭は15日に始まり、若宮神社の神様を境内のお旅所に迎えて芸能を奉納するお旅所祭、約1000人の行列が同市内を巡行するお渡り式などが営まれる。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド