特集奈良の鹿ニュース

教育

「黒板アート甲子園」 高さ120センチ×幅360センチに広がる17歳の世界 高田高校美術部がエリア賞

関連ワード:

県立高田高校美術部の黒板アート作品「水想の十七才」=大和高田市礒野東町の同校(いずれも浜崎祐貴教諭提供)

別の写真を見る

「17歳という成長過程の心情を絶妙に表現」と評価

 

 中高生が学校の黒板に描いた絵画を競う「日学・黒板アート甲子園」で10月、奈良県立高田高校(大和高田市礒野東町)美術部の作品「水想(すいそう)の十七才」が黒板の部近畿ブロックのエリア賞を受賞した。学校を水槽に例え、その中で大海を夢見て足掻く自分たちを描き、「17歳という成長過程の心情を絶妙に表現した」と評価された。

この記事の残り文字数:791文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド