特集奈良ラーメン探検隊活動中!

スポーツ

斑鳩少年野球部10大会ぶりV さよならで浮孔下す - 第21回ダイドードリンコ杯少年野球大会

関連ワード:

【決勝・斑鳩少年野球部―浮孔小野球部】本塁に滑り込みサヨナラ勝ちして優勝を勝ち取り喜ぶ斑鳩少年野球部の選手ら=佐藤薬品スタジアム

別の写真を見る

 第21回ダイドードリンコ杯少年野球大会(同ダイドードリンコ杯少年野球大会実行委員会主催、奈良新聞社など後援)第6日最終日は3日、佐藤薬品スタジアムでベスト8による順位決定戦が行われ、決勝は斑鳩少年野球部が浮孔小野球部を5―4で下して第10回記念大会以来10大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 

 斑鳩少年野球部は準々決勝で田原本南リトルヤンキースを7―0の三回コールドで下し、準決勝は香久山ビッグメイツを11―1の三回コールドで下して決勝へ。

 

 浮孔小野球部は準々決勝で19―1の四回コールドで榛原ジャガーズを下し、準決勝では8―1の四回コールドで今井野球クラブを下して決勝へ進んだ。

 

 決勝は0―0で迎えた三回、浮孔が4点を奪って先制。斑鳩はその裏に1点返し、四回にも2点を奪った。そして最終回の五回、2点を奪ってサヨナラ勝ちした。

 

 3・4位決定戦は香久山ビッグメイツが8―1の三回コールドで今井野球クラブを退けた。

 

 5・6位決定戦は田原本南リトルヤンキースが13―10で三郷北イーグルスに競り勝った。

 

 7・8位決定戦は四回時間切れ5―5の同点で、規定により五回をタイブレークで行い、三和スポーツ少年団が5点を奪い10―5で榛原ジャガーズを下した。

 

 最優秀選手賞は斑鳩少年野球部の池幡燎選手が獲得した。

 

 優秀選手賞は和田虎颯玖(浮孔小野球部)、堀本心翔(香久山ビッグメイツ)、井上太智(今井野球クラブ)、徳山颯亮(三郷北イーグルス)、野村耀生(田原本南リトルヤンキース)、永船留至(三和スポーツ少年団)、服部龍ノ佑(榛原ジャガーズ)の7選手が選ばれた。

 

準優勝の浮孔小野球部

 

▽7・8位決定戦

三和スポーツ少年団 10-5 榛原ジャガーズ

(四回時間切れ同点による五回はタイブレーク)

 

▽5・6位決定戦

三郷北イーグルス 13-10 田原本南リトルヤンキース

(時間切れ)

 

▽3・4位決定戦

今井野球クラブ 1-8 香久山ビッグメイツ

(三回コールド)

【今】廣口、井上太―【香】堀本―向井

▽本塁打=堀本、植田(香)

▽二塁打=井上太(今)

 

▽決勝

浮孔小野球部 4-5 斑鳩少年野球部

【浮】和田虎、横谷、乾―井生

【斑】川端、稲岡侑―池上

▽本塁打=和田虎(浮)

▽三塁打=井生(浮)池上、池幡、園田(斑)

▽二塁打=乾(浮)

 

2023年11月11日付・奈良新聞に掲載

関連記事

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド