特集奈良の鹿ニュース

政治

「奈良県候補地、環境影響評価の早期着手を」 リニア中央新幹線建設促進県期成同盟会

関連ワード:

リニア中央新幹線建設促進県期成同盟会の総会が開かれ、環境影響評価の早期着手などを求めた=6日、奈良市三条本町のホテル日航奈良

 リニア中央新幹線建設促進奈良県期成同盟会(会長・山下真知事)の2023年度総会が6日、奈良市三条本町のホテル日航奈良で開かれ、JR東海が「奈良市付近駅」に関する検討の現状を説明。環境影響評価の実施に向けて、県が示している有力候補地3カ所で地質調査を進める意向を明らかにした。総会には役員や会員ら約130人が出席。昨年度の収支決算報告、本年度の事業計画などを承認するとともに、本年から環境影響評価に着手することなどを求める決議文を採択した。

この記事の残り文字数:658文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド