政治

安倍氏銃撃事件現場を車道に 奈良市方針に理解求め

関連ワード:

安倍元首相の事件現場跡地の整備について語る仲川市長=13日、奈良市役所

反対意見を受け

奈良市長「変更はない」

 

 7月に安倍晋三元首相が凶弾に倒れた奈良市の近鉄大和西大寺駅北口前の事件現場について、同市の仲川元庸市長がモニュメントなどの構造物を設置しない方針を明らかにした今月4日以降、市の考えに否定的な意見が多数寄せられていることが、13日、分かった。市外や県外からの意見が多いと見られ、「事件があったことを何らかの形で後世に残してほしい」などの声が目につくという。市の計画では事件現場は車道になるが、西側歩道を最大16メートルに拡幅し、交差点寄りの場所には花壇を整備する。仲川市長は「心を痛めた人も花を見て癒やされてほしい。賛否両論あるなか、熟考した末での判断であり、変更はない」としている。

この記事の残り文字数:1,071文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド