特集奈良の鹿ニュース

スポーツ

ボクシングの政所と荒本、馬術の砂川と渡辺が優勝 - 第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」

関連ワード:

【成年男子バンタム級・決勝】猛ラッシュで接近戦に持ち込む奈良の政所(右)=栃木県日光市の大沢体育館

 栃木県が会場の第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」は10日、日光市の大沢体育館でボクシング競技会の各階級決勝を行い、奈良は成年男子バンタム級で政所椋(東洋大)が、成年男子ライトヘビー級は荒本一成(狸ばやし)がそれぞれ優勝した。

 

 那須塩原市の地方競馬教養センターで行われた馬術競技会は9日の少年ダービー決勝で、奈良の砂川成弘(山辺高)がウロボロス号に騎乗して、減点0の2分4秒98で制覇。10日の少年トップスコアではバンディートGに騎乗した渡辺明(山辺高)が1520点で頂点に立った。大会は11日に総合閉会式が行われた。奈良は男女総合成績25位。前回の茨城国体の27位から順位を上げた。

この記事の残り文字数:1,960文字
(写真枚数:3枚)

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド