歴史文化

奈良県内の神社で「夏越の大祓」 罪汚れはらい、無病息災祈る

関連ワード:

神職らを先頭に茅の輪をくぐる参列者ら=6月30日、桜井市三輪の大神神社

別の写真を見る

 奈良市内で最高気温36・2度を観測し今年一番の暑さとなった6月30日、奈良県内各地の神社で「夏越の大祓(おおはらえ)」が営まれた。今年上半期についた罪穢(けが)れを人形(ひとがた)に移し、茅の輪をくぐって下半期も元気に過ごせるよう祈る行事。

この記事の残り文字数:825文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ