歴史文化

室生寺、「三宝杉」1本が倒木

関連ワード:

3本のうち1本が倒れた「三宝杉」=21日、宇陀市室生

別の写真を見る

 奈良県宇陀市室生の室生寺で18日早朝、「三宝杉」と呼ばれる3本の杉のうち1本が倒れているのが見つかった。境内や近隣の建物への被害はなかった。

 

 三宝杉は境内入り口の太鼓橋に近い参道沿いに3本の大木が並んで樹立。樹齢は約700年という。寺によると、同日午前4時ごろ、西側の木が根元から室生川側に倒れた。以前から根が浮き上がり傾いていたため、対応を検討中だったという。寺は23、24両日に作業を行い、倒木を撤去した。

 

 近所に住む仏師奥本正信さん(63)は「毎月ある境内の慰霊碑の清掃で側を通るたびに木が傾いていた。早朝に『ガシャーン』という大きな音がして見に行くとやはり三宝杉だった」と語り、「私が小さいころから大きな木だった。ずっと存在したなじみの木なので、倒れたのは寂しい」と残念がった。

 

 

近隣住民が撮影した雪景色の「三宝杉」の写真を手に、倒木発見時の様子を語る奥本正信さん=21日、宇陀市室生

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「武家政権の軌跡」展の招待券

足利義政像 一幅 室町時代 絹本著色 慈照院蔵 ※初公開/I期のみ展示
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ